検索
  • Ethical Beauty Room Soulage

《わたし》がキレイになることがエシカルということ


エシカルがどんどん認知されてきたけど

なんとなく流行っている

これからのトレンド

という印象を持っている方が多いみたい。


流行なんかでは終わらせられないのだけど。


エシカルを知ると

大切なことであるのはわかるけど、

何から取り組めばいいのかわからないってなるんですね。




SDGsと似てるよね。



課題(問題)と目指すゴール(答え)はあるけど そこにどうやってたどり着くのか(プロセス)はないから。


バックキャスティングって発想力と思考力が本当に必要。 自分に足りない力なのでいつも歯がゆい思いをする。

その力を磨くためにSDGsやエシカルを学ぶのかも。

知識の量ではなく考える質が重要なんだって。 そういう力をつける教育がこれから主流になっていくんだね。

エシカルもSDGsもなんだか難しそう、

意識高い人たちが一生懸命やっていて 自分にはあまり関係ないと感じる人も多いかもしれないけど




無関心ではいられても、 無関係なひとはひとりもいない。


もしあなたが、

何かしたいけど自分にはできることがないな…なんて思っていたら

美容を通してエシカルに関わっていく方法を考えてみてほしい。

毎日私たちが健康的でキレイでいられるように

時には癒やしになり、

時には励ましてくれるコスメたちは

一体どこで、誰が、どのように作ったものなんだろう?


自分にとって『いい』は、人や環境や社会にも『いい』に つながっていかないかな? 



毎日使う化粧品が、

自分を幸せな気持ちにするだけじゃなくて



環境を守ることや


作り手を守ることや


社会にいい影響を与えられるものだったら




『キレイになる』という行為が

もっと価値を増してもっとキレイを楽しめる。



だから

エシカルな選択で手にしたコスメたちが

私は可愛くてたまらない。


毎日使うのも、ただ眺めるのも(笑)楽しいんです。


最後まで大切に使い切りたいし 途中で使わなくなるとか、捨てるなんてありえない!ってなるくらい。


本当に、エシカルコスメに出会って変わりました。


エシカルな美容を一緒に学んだり、考えたり、

コスメを選ぶときにエシカルな選択ができる仲間がひとりでも増えたら嬉しいな。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示